子育てと家事とパートの合間にゆるーく書いていきます

カブトムシのえさ(昆虫ゼリー)を手作りしてみた

雑記

夫と息子がカブトムシを採ってきます。
どうやら良く採れる木があるらしく。

えさ代もばかになりません。
100円均一の昆虫ゼリー、ダイソーのものが一番個数があるらしいですが、去年よりも1つのグラム数が減ったとか。(夫談)

いきなり息子が「卵パックある?」「ゼラチンある?」などと聞いてきて来たかと思ったら、どうやらいつの間にかiPadで「カブトムシのえさのレシピ」なるものを見つけてきたようです。

ゼラチンさえあれば家にある材料でなんとかなりそうな感じです。

うちは賞味期限切れのゼラチンがあったのでこれを利用することにしました。

カブトムシの餌の作り方は?おすすめのエサは?
カブトムシを飼う時に必要なものが餌ですよね。 ペットショップでカブトムシを買うと一緒に購入されると思いますが、捕りに行ったり、もらったりして飼う人は餌を用意しなければいけません。 くだものや市販の餌でもいいですが、自分で簡単に作ることもできます。 飼育用の木に塗って与えれば、自然の状態で食事観察できますのでおすすめです...

まず作ったのがコレ。

ほぼ4年生の息子1人で作ることが出来ました。

あら熱を取って冷ましてから冷蔵庫に入れると何時間かで固まります。

カブトムシに与えるときは卵パック一つ一つをハサミで切り虫かごに入れます。

そして第二弾。

余っていたジュース、ゼラチン、ジャム、砂糖などを混ぜて作りました。

型は料理用のものを使っていますが、カブトムシに与える時はゼリーを型から外して卵パックや昆虫ゼリーの空き容器などに入れます。料

理用の方を使っているのでカブトムシに泥まみれにされたら嫌ですもんね。

作ってみた感想

思ったよりも少ない材料と工程で作ることが出来ました。

火を使うところがあるのでそこを気を付ければ小学生の子供でもなんとかなりそうです。

実際にカブトムシが食べてくれたかと言うと…

食べてくれました!

ダイソー昆虫ゼリーにも引けを取らない程食べてくれました!

しばらくはダイソー昆虫ゼリーと手作り昆虫ゼリーの併用になりそうです。

夏休みの自由研究にも良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました