子育てと家事とパートの合間にゆるーく書いていきます

Windows プリンタの給紙方法の設定を変更してデフォルトトレイを常に指定する

雑記

プリンタによって給紙方法は様々。
トレイ毎に必要なサイズを予め入れておくという使い方もありますが、用途によって前トレイ、後ろトレイ、カセットなど使い分けたい場面もあります。

私の印刷環境

まずは私の自宅環境と職場環境など。

自宅環境

自宅のプリンター設置場所はノートパソコンを置いてある棚の下段に置いています。
扉があるタイプの棚で、プリンターを使わないときは扉を閉めるようにしています。
プリンターを使いたいときにだけ扉を開き、プリンター前面トレイから給紙する、というスタイルをとっています。

職場環境

職場のプリンター1台を社員のPC複数台で共有しています。
給紙方法は数通りあり、カセットにはA4白紙を入れています。
印刷物によっては裏紙を使用することがあり、この裏紙は背面トレイに入れています。

プリンターの給紙方法を常に同じにする

プリンター給紙方法が複数ある場合、その都度給紙トレイやカセットの設定を変えるのは面倒です。
頻繁に使用するトレイやカセットが決まっている場合は、時短のためにもデフォルトの給紙方法を変更してしまいましょう。

Windows10の場合

①[スタート]ボタンをクリック
②[設定]をクリック

[デバイス]をクリック

[プリンターとスキャナー]をクリック

接続されているプリンターをクリック

[管理]をクリック

[印刷設定]をクリック

①[基本設定]をクリック
②[給紙方法]で常に使用したいトレイを選択
ここではトレイが1つしかないプリンターの為「前トレイ」しか表示されていません
③[OK]をクリック

設定の確認

設定が反映されているか、テストしてみましょう。
何か印刷して目的の給紙トレイから印刷されれば成功です。

まとめ

常に決まった給紙トレイから印刷したい!自宅でいつもプリンターを出すことや職場で毎回背面トレイを選択してからの印刷が非常に面倒でした。

たかが給紙トレイですが、少しでも仕事効率があがればいいな、と。

コメント

タイトルとURLをコピーしました